汗ぬきアクアをしなければ…知らない間にこわ~い黄ばみが!!

ドライクリーニングでは落としきれない汗や水性の汚れを落とします。翌シーズン(来シーズン)、後悔しないためにもおすすめします。

1日3リットルの汗。どうしてますか?

【警告1】衣類についた汗。ほっておくとこんな原因になる。

くさい臭いが残る。襟や脇が黄色く変色する。繊維の通気性が悪くなり、生地を傷める。カビや虫食いになる。

【警告2】まどわされないで、汗ぬきクリーニング。

世間ではよく「汗抜き!」「汗抜き!」というけれど、ドライクリーニングで汗抜き用のソープに変えただけでは汗の成分が残ります。やっぱり水洗いの汗抜きをおススメします。

そこで、解決策はこれしかない。ドライクリーニングで油性の汚れを落とし、水洗いで汗とにおいをすっきり落とす。ドライ+水洗い=ダブル洗い(他店とは違う。この効果!)汗ぬきアクアで衣類の軽さも変わる!その差ナント11.8g(当社調べ)

ドライマークの洋服を水洗いしても平気なの?

大丈夫です。

まず、使用する洗剤が家庭用のものとは違っています。洗剤メーカーと共同開発したオリジナルの洗剤と加工剤で、繊維素材の新開発されるたびに常に研究開発されます。もちろん洗擢設備も違いますし、なにより仕上げの技術が違うので、ドライマークの衣類も安心です。
クリーニング店を指定したスーツがありますが、そういったスーツのクリーニングも『汗ぬきアクア』なら大丈夫。責任を持ってキレイに仕上げます。

プロの技術!『汗ぬきアクア』の流れ

『汗ぬきアクア』はダブル洗い

黒川クリーニングでは「衣類もお客様の大切な財産である」との考えをモットーにして、お預かりする一点一点の衣類を真心込めてクリーニングしております。

white_mascot_01sWhite Check!

おしゃれ着など「ドライマークも家庭で洗える」といった洗剤がありますが、汚れがきれいに落ちなかった、大切な衣類が縮んでしまった、ウールの風合いがなくなってしまったという経験はありませんか?大切な衣類はプロの手にお任せください。『汗ぬきアクア』は、ドライクリーニングで油性の汚れを落とし、水洗いで汗と臭いをスッキリ落とすダブル洗い。それぞれの長所をミックスし、きれいに、さわやかに、着心地も軽くなります。

aqua_photo1 1.ポケットの中身やシミの有無など慎重な検品が行われます。
aqua_photo2 2.ドライクリーニングで油の汚れを落とす
aqua_photo3 3.水洗いで汗汚れをきれいに
自然乾燥イメージ 4.全品自然乾燥
aqua_photo5 5.丁寧にプレスし、仕上げます
aqua_photo6 6.不織布の袋で包装しお客様へ

white_mascot_01sWhite Check!

『汗ぬきアクア』では、仕上がった衣類は不織布の袋に入っていますから、袋のまま片付けても大丈夫です。通常のクリーニングの場合は、ビニール袋に入れてお渡ししてますので片付けるときには、ぜひ『汗ぬきアクア』をご利用下さい。

あきらめないで!

一度縮んでしまった衣類も、プロの技術で元のように戻る場合がありますので、大切な洋服が縮んでしまって因っている方は、相談してみてくださいね!